こんなところに教会が!?世界遺産ラリベラの岩窟教会群

地下に築かれた教会の不思議

ラリべラの岩窟教会群はエチオピアの北東部に広がる高原地域にあります。そこは巨大な一枚岩を掘り下げてつくられており、現在は11の教会が残っています。その工法から、これらの教会をつくるのに25年以上の歳月を要し、数百万もの人々が工事に関わっていました。このように、地下に教会があるのは、これをつくったアガウ人が古来から洞窟で礼拝を捧げる習慣を持っていたからだと言われています。

この教会群のなかでも特に印象的なのは、エチオピアの守護聖人、聖ゲオルギウスに捧げられた「聖ゲオルギウス教会」です。高さ、幅、奥行すべて12mの正十字形をした教会で、屋上には2重の十字架模様が刻まれているのが特徴です。
教会の内部も岩をくりぬいて作られました。内部のいたるところには壁画が描かれており、キリストやマリアなどの聖書にまつわる人物や話がモチーフとなっています。教会の中庭には修道士たちの遺骸が安置された部屋があり、ここが聖地であることを物語っています。11ある教会はすべて地下通路で結ばれています。

“こんなところに教会が!?世界遺産ラリベラの岩窟教会群” の続きを読む

道民が教える冬の北海道を満喫できる観光スポット!!

北海道は冬の寒さが魅力!

冬になるとマイナス30度を下回る地域もあるほど北海道の冬は寒いです!外を歩けば身も凍り付くような寒さが厳しい冬の北海道ですが、そんな北海道ならではの観光スポットをいくつか紹介してみたいと思います。

“道民が教える冬の北海道を満喫できる観光スポット!!” の続きを読む

安全かつ快適に世界一周する方法!?船旅のススメ

日本語しか喋れなくても世界を安全に巡る方法

いつか自由気ままに世界中を旅したいと夢見た事はありませんか?でもいざ行こうとしたら、国内周遊とは桁違いのお金と時間がかかってしまいます。最悪バックパッカーであれば金銭面を抑える事ができますが、高い語学力や海外旅行の知識・経験値が求められるだけでなく、安全面・衛生面に大きな不安が残ります。

さらには最近の不安定な国際情勢をニュースで見てしまうと、日本語しか喋れなくて海外の渡航歴が全くない人にとっては、世界一周を巡るなんて夢のまた夢だと思ってしまいますよね。でもそんな人でも安全に世界中を旅できる方法があります。それが船旅です。

“安全かつ快適に世界一周する方法!?船旅のススメ” の続きを読む

ただの街と思うことなかれ!企業都市クレスピ・ダッダ

ひとりの資産家が築いた労働者の理想郷

イタリアのカプリアーテ・サン・ジェルヴァージオという自治体にクレスピ・ダッダと呼ばれる場所があります。そこは19世紀の資本家クレスピが築き上げた街で、1995年に世界遺産に登録されました。
産業革命が起こったばかりのころは労働環境は非常に劣悪なものでした。長い労働時間に加えて大変だったのが通勤です。当時の主な交通手段は馬車と蒸気機関車です。現在の車や電車とは違ってスピードは遅く、乗り心地も悪いので労働者たちの苦痛になっていました。

クレスピは、生産性を向上させるためには労働環境の改善が必要だと考えました。そこで彼は自分の土地に紡績工場を建てて、工場に隣接するように従業員と家族のための居住地区を設けたのです。
その規模は、社宅などとは単純に呼べないものでした。なにせその地区には住宅のほかに、学校や病院、教会、さらにはプールまであるのです。しかも、利用料金はすべて無料というのだから驚きです。
紡績工場は2004年で操業を停止しましたが、住宅施設には今も労働者たちの子孫が生活を送っています。

“ただの街と思うことなかれ!企業都市クレスピ・ダッダ” の続きを読む

サッカー好きの人が旅行で浦和を訪れた時のおすすめスポット

浦和は埼玉サッカー発祥の地

埼玉県は静岡などと並んでサッカーが盛んな都道府県です。その中でも埼玉サッカー発祥の地であるさいたま市の浦和地区(浦和区・南区・桜区・緑区)はサッカーが盛んで地元の高校やプロクラブが輝かしい成績を収めてきました。そんなさいたま市の浦和地区には関連のスポットがたくさんあるため、サッカー好きの人が埼玉を旅するなら浦和を訪れてみてください。

“サッカー好きの人が旅行で浦和を訪れた時のおすすめスポット” の続きを読む

意外な観光スポットとして国内空港が楽しめる

空港は知られていない穴場のグルメスポット

国内旅行に出かけた時に、意外なスポットでおいしい食事を楽しめるとご存知でしたか。それは空港です。空港で食事という言葉にそれほど関心を抱かれない方も多いでしょうが、実は最近の空港は質も量も満足できるフードスポットが増えてきています。旅行で乗り換えの飛行機を待つ間や、ただのデートスポットとして楽しむ人なども多くなってきました。
すし店で朝仕入れたばかりの寿司ネタを使ったランチを手ごろな値段で楽しめるなど、多彩な楽しみ方ができます。地域の郷土料理を楽しめるお店が入っているところもあり、手軽に地元の料理を楽しみたい人にもうってつけです。旅行のついでだけではなく、空港を観光スポットとして楽しむこともできるようになっています。

“意外な観光スポットとして国内空港が楽しめる” の続きを読む

海外で現金を持たない方法は?何枚持って行くのがいい?

現金がなくなったらキャッシングを利用

海外旅行をするとき、お金をどうするか考えないといけません。海外では日本円は使えず、現地の通貨が必要です。さらに海外では日本のキャッシュカードが使えるところが少ないので、海外で預金を下ろすのは無理と考えた方がいいでしょう。観光をするときに現金をたくさん持つ必要があるので、治安の良くないところだと盗難の不安があります。そこでクレジットカードの活用を考えます。現金は予備として数万円のみ持って行き、カードが使える店はカード払いをします。どうしても現金が必要な時はクレジットカードのキャッシングを利用します。現地のATMを利用すると現地通貨で引き出せます。必要に応じて引き出し、大金を持たないようにしましょう。

“海外で現金を持たない方法は?何枚持って行くのがいい?” の続きを読む

甘い日々を過ごす!ハネムーナーにおすすめの島

ザ・ハネムーナーの聖域へ

海にぽっかりと浮かぶハート形の島々は、恋する二人に贈る、神様からのロマンティックなプレゼントともいわれています。実は、世界にはいろいろなハート形の島があるんですよ。南太平洋に浮かぶ118の島からなるタヒチは、ハネムーナーの永遠のあこがれでもあります。緑したたる高峰とラグーンのコントラスト、もしくは水平線すれすれのサンゴ、どちらも名画から抜け出たような美しさです。

そんなタヒチのハート形の島、ツパイ島がみつかったのは近年のことで、島近くの漁師の間では存在は知られていたものの、偶然、発見したのは飛行機から見下ろしたパイロットで、オープンハートになっていることに気づいたのです。ツパイ島は、ポリネシアの最高神が手掛けた最高傑作といわれるボラボラ島のすぐそばで、この形をしているのは偶然ではないともささやかれています。ポリネシアの伝統的な建築様式の水上コテージや朝食をカヌーで運ぶサービスなどハネムーナーを夢見心地にさせる演出が得意ですよ。

“甘い日々を過ごす!ハネムーナーにおすすめの島” の続きを読む

パック旅行のタイプには、どんな種類があるの?

添乗員の力に頼るかどうか

海外パック旅行は、大きく2種類に分けられます。ひとつは「全部おまかせタイプ」です。フライトやホテルに添乗員さんが付き添い、観光や食事の手配をしてくれます。周遊旅行は、このタイプが多いです。もうひとつは「フリータイプ」です。その多くは、一都市滞在型でホテルと往復航空券、そして空港送迎がパックになっています。観光や食事の手配はないため、ほぼ自由行動です。

“パック旅行のタイプには、どんな種類があるの?” の続きを読む

海外旅行で喜ばれる日本からのお土産は?意外なものが人気かも?

海外旅行先で人気のある日本の調味料

海外旅行に行くと、旅行先でスーパーに立ち寄ったりするかもしれません。すると日本でおなじみのものが見つかるでしょう。豆腐はヘルシーな食べ物として非常に人気があり、醤油も日本産を輸入して販売しているお店もあります。海外旅行に行くと友達もでき、色々な物をあげたりするときもあります。せっかくなら喜ぶものをあげると良いでしょう。人気があるのが日本の調味料です。醤油などはメジャーなので現地のお店でも売られていますが、お好み焼きソースなどになると売っているお店はかなり少なくなります。海外の料理の味が物足りなくて自分で持って行ったりもするでしょうが、その時に現地の人に食べてもらうといいでしょう。人気者になれるかもしれません。

“海外旅行で喜ばれる日本からのお土産は?意外なものが人気かも?” の続きを読む