サッカー好きの人が旅行で浦和を訪れた時のおすすめスポット

浦和は埼玉サッカー発祥の地

埼玉県は静岡などと並んでサッカーが盛んな都道府県です。その中でも埼玉サッカー発祥の地であるさいたま市の浦和地区(浦和区・南区・桜区・緑区)はサッカーが盛んで地元の高校やプロクラブが輝かしい成績を収めてきました。そんなさいたま市の浦和地区には関連のスポットがたくさんあるため、サッカー好きの人が埼玉を旅するなら浦和を訪れてみてください。

浦和区役所前の銅像について

仲町4丁目にはさいたま市の浦和区役所があります。この場所には昔、埼玉大学があって明治46年に敷地内でサッカーが始まりました。その後、埼玉大学は移転して跡地に浦和区役所が建てられましたが、入り口の前には埼玉サッカー発祥の地である事を示す銅像がたっていて観光名所になっています。

地元プロクラブの練習場へ

もしテレビやネットで日本のプロサッカーリーグの試合を観る人が浦和を訪れた際に行ってほしいのは、地元プロクラブの練習場(さいたま市大原サッカー場)です。試合前日は練習非公開となりますが基本的には練習が公開されており、ベンチまで用意されているため立ち見ではなく座ってゆっくり練習を見学できます。さらにクラブハウス内には飲食物の自動販売機も用意されていて、軽食をとる事も可能です。ちなみに練習見学料は無料で、お金をとられる事はありません。

テレビによく映る居酒屋へ

浦和区の仲町1丁目という地区には、地元プロサッカークラブの大事な試合の際にテレビの密着カメラが陣取る事でおなじみの居酒屋があります。こちらにはプロサッカー選手や監督の直筆サインや写真が数多く飾られており、サッカー好きにはたまらない場所となっています。

フラマイレーツを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です